田園都市技術屋online日記

アクセスカウンタ

zoom RSS iPod 4G の レストア (電池交換&CF換装)

<<   作成日時 : 2011/07/30 23:33  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

iPod 4Gのバッテリがヘタってしまって、使いものにならない。
懸賞で当てたiPod shuffle 2ndで問題ないし、これまで放置しておりました。

でも夏休みも近いってことで、遠出も考えてiPod 4Gのレストアに挑戦です。

先人たちの事前情報は結構あるものの難易度高めです。 交換電池の取説にGood Luckなんてあるんですよ〜。 ここに書いてあるやりかたでできるかは運です。 iPodを壊したくない人はまねしてはいけません。

本日の生け贄はこれ。 iPod 4G 20GBです。
画像

きょうの材料はこんな感じ。 折角、開腹するのでバッテリの交換と一緒に、思い切ってHDDをCFに換装しちゃいます。 本日はx200倍速の32GBのCFを惜しげも無く使っちゃいます。 ¥4540とまだまだお遊び用には少々高価です。コンパクトフラッシュもチョット前に比べれば安くなったもんですね。 バッテリは中国産です。 まあこの手の消耗品の安価品が入手可能なのがAppleの良いとこなんですが、¥1480でもぼったくり感がありますねぇ。 CFを1.8inchHDDに騙す怪しい変換コネクタが¥880です。iPod 4Gは東芝50pin形式です。 
画像

送料も考えると合計¥7000てなわけで、あくまでエコなお遊びということで「新品買った方が良いだろ〜」という脳内エコーは無視。 次は開腹作業です。Apple社の十八番のハメ殺しをこれまた常套手段のカード技で外してゆきます。 この辺りは既に様式美の領域ですね。 もちろん電池付属の工具は使いものになりません。
画像

出来上がりがこちらになります(3分間クッキング風。 本当はここまで3時間ぐらいかかったよ)。
画像

上のHDDを外すとぷっくり膨らんだ電池が現れました。 これがまた接着剤で固定されていて、予想通り電池付属の工具は使いものになりません。 最後はクリップを曲げて作ったフックで引っ掛けて電池を本体からはがしました。 まさに力技です。 でも私には運があったようで壊さずにばらすことができました。 電池は右下の端子で接続されてまして、これまたハメ殺し系のコネクタ。 ビビりながら力技で外します。 電池の配線を基盤の下を通すために、基盤を固定するねじ用のT-6のトルクストライバーが必要になります。
画像

新しい電池に取り替えた後、ハードディスクの代わりにCFで作ったSSDもどきをつなげます。 ケーブルでMacBookと接続すると、ドライブとしてさっくり認識します。 あらアクセスランプなんてあったのね〜、でも蓋を閉めちゃう。
画像

そのままでは挙動が怪しいのでディスクユーティリティでCFに元々あったパーティションを削除して、iTunesから復元をかけて出来上がりです。29.7GB認識してます。軽くなって、容量1.5倍、バッテリも結構持ちますね。 当分現役プレーヤでいけますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
iPod 4G の レストア (電池交換&CF換装) 田園都市技術屋online日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる